メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

奈良県果樹・薬草研究センター 柿博物館(五條市) 品種や効用、魅力を紹介

三角形パネルの多面体構造で、巨大な柿を表現した柿博物館=奈良県五條市で、大森顕浩撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 見・聞・楽>

 「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」(正岡子規)の句や柿の葉寿司(ずし)――。奈良県は柿の名産地で、年間の収穫量は約3万トンと和歌山県に次ぐ全国第2位を誇る。県内最大の産地、奈良県五條市の山あいにあるのが奈良県果樹・薬草研究センターの柿博物館だ。多彩な品種、体への効用、加工品の紹介など柿に特化したユニークな施設を訪ねてみた。【大森顕浩】

 同館の外観は巨大な柿の実のオブジェ。直径14・8メートル、高さ8メートル。山の緑の中で、オレンジ色がひときわ目立つ。1994年、柿の品種改良などを研究する同センターの前身施設と共にオープンした。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです