メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

奈良県果樹・薬草研究センター 柿博物館(五條市) 品種や効用、魅力を紹介

三角形パネルの多面体構造で、巨大な柿を表現した柿博物館=奈良県五條市で、大森顕浩撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 見・聞・楽>

 「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」(正岡子規)の句や柿の葉寿司(ずし)――。奈良県は柿の名産地で、年間の収穫量は約3万トンと和歌山県に次ぐ全国第2位を誇る。県内最大の産地、奈良県五條市の山あいにあるのが奈良県果樹・薬草研究センターの柿博物館だ。多彩な品種、体への効用、加工品の紹介など柿に特化したユニークな施設を訪ねてみた。【大森顕浩】

 同館の外観は巨大な柿の実のオブジェ。直径14・8メートル、高さ8メートル。山の緑の中で、オレンジ色…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです