メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 県、復興支援本部を発足 東日本大震災以来 /鳥取

[PR]

 東日本に甚大な被害をもたらした台風19号で、県は16日に平井伸治知事を本部長とする災害復興支援本部を発足し、さまざまな被災地支援に取り組む。同本部の発足は東日本大震災以来。

     関西広域連合の枠組みで、兵庫県とともに長野県を支援する。15日には被災状況などを調査する危機管理局の職員2人を先遣隊として派遣した。全国知事会の要請で、同県飯山市にも職員を送り、罹災(りさい)証明関係の事務を担当させる。同市は市庁舎も浸水するなどの被害を受けた。

     更に宮城、福島両県の「ふるさと納税」受け付けも代行する。寄付金受領証明書などの発行、送付を鳥取県で担う。同支援は、知事有志による「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」で平井知事が提案し、今年9月に制度化された。

        ◇

     一方、全国で手話を使いやすい社会環境を目指す「手話を広める知事の会」の総会が東京都内で開かれ、会長を務める平井知事は、台風19号の被災地に手話通訳者らを派遣することを緊急提案し、派遣に向けた準備を進めることを決めた。【野原寛史、阿部絢美】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

    5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです