メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県中部地震から3年

聴覚障害者に災害支援 鳥取、徳島両県の3団体が連携協定結ぶ 手話通訳者ら派遣 /鳥取

協定書を手にする、下垣彰則理事長(右から2人目)、平光江理事長(中央)、小谷敏弘理事長(左から2人目)ら=東京都千代田区で、阿部絢美撮影

 災害時に手話通訳者らを相互派遣する支援連携協定を鳥取、徳島両県の聴覚障害者支援団体3者が結んだ。自宅で逃げ遅れた場合や、避難所などで障害者が孤立するのを防ぐのが狙い。両県によると、都道府県レベルで同様の協定を締結したのは全国で初めてという。【阿部絢美】

 協定を結んだのは、鳥取県聴覚障害者協会(下垣彰則理事長)▽徳島県社会福祉事業団(小谷敏弘理事長)▽同県聴覚障害者福祉協会(平光江理事長)――の3団体。支援内容には、手話通訳者や要約筆記者の派遣の他、研修会の開催や人材育成の協力などが盛り込まれた。

 両県は、災害時の人材派遣や物資の送付などを支援する「危機事象発生時相互応援協定」を2003年度に締…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです