メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベンチャー企業「inaho」、収穫ロボット提供開始 太良町のアスパラ、農家の高齢化・人手不足で /佐賀

収穫可能な長さのアスパラガスを選別して収穫していくロボット

負担軽減策に期待

 今年1月に鹿島市に拠点を開いたベンチャー企業「inaho」(神奈川県)が今月、開発を進めていたビニールハウスでつくる野菜の収穫ロボットを農家に提供し始めた。高齢化などにより人手不足が加速する農家の革新的な負担軽減策として期待が寄せられている。【池田美欧】

 同社によると、施設野菜の自動収穫ロボットの市場展開は全国で初めて。2017年から開発を始め、18年10月には太良町のアスパラガス農家で実証実験をするなどし、改良を繰り返して実用化に至った。

 ロボットには赤外線センサーが付いており、長さなどで収穫可能な作物を認識して選別する。1回の充電で1…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです