メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

苦手でも本楽しんで!! 未読で参加できる読書会 長崎の書店 /長崎

参加者の話に耳を傾ける古屋さん(左から2人目)

 本が苦手な人にも読書の楽しさを感じてもらおうと、長崎市大浦町の書店「ブック・ウイズ・ソファ・バタフライエフェクト」が、本を読んでいなくても参加できるユニークな読書会を開いている。

 店は古屋桂子さん(37)=が4月にオープン。読書会は「1人では気づけない、本の面白さを発見できる機会を作りたい」と開店当初から始めた。間口を広げるため、古屋さんがあらすじなどを用意し、本を事前に読んでいなくても参加できるようにした。

 今年で生誕100年を迎えた米国の作家、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を取り上げた9月23日の会には市内外から男女6人が参加。古屋さん作成のあらすじを追い、登場人物の言動や時代背景について語り合った。原作の英文と、村上春樹さんら翻訳者で異なる表現の違いについても盛り上がった。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 新型コロナ 北九州市感染急増26人 東京も新規で22人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです