メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国花火師が集結 秋の夜空に1万4000発 あす八代で競技大会 /熊本

記念タオルを手に「やつしろ全国花火競技大会」をPRする八代市職員

 西日本唯一の全国花火競技大会として知られる「やつしろ全国花火競技大会」が19日、熊本県八代市の球磨川河川緑地で開かれる。今年で32回目。全国から30業者が集まり、約1万4000発の花火が秋の夜空を彩る。

 全国花火競技大会は「やつしろ」と茨城県の「土浦全国花火競技大会」、秋田県の「全国花火競技大会・大曲の花火」だけ。やつしろには昨年、約30万人の観覧客が訪れた。

 競技は、約330メートル上がり、半径約160メートルに広がる10号玉の部(30業者参加)▽約190…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  2. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  3. いじめ訴える女児に適切な対応せず、自殺未遂 山口・下関の市立小

  4. 悼む 大相撲の井筒親方、元関脇・逆鉾 井筒好昭さん=9月16日死去・58歳

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです