メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「豚コレラ」水際阻止へ 対策を強化 熊本、宮崎、鹿児島 /宮崎

豚の模型を使って豚コレラ発生時の防疫演習に取り組む参加者=熊本県阿蘇市で

 国内で家畜伝染病「豚コレラ」の感染地域が拡大している。一方、別のウイルスで感染力がさらに強い「アフリカ豚コレラ」も先月17日に韓国で発生が確認され、猛威を振るっている。畜産が盛んな熊本、宮崎、鹿児島3県はウイルス侵入の絶対阻止を掲げ、水際対策などを一層強化する構えだ。

発生想定、初の訓練

 <熊本>

 180の豚畜産農家があり、計約31万頭を飼養する熊本県は今月11日、豚コレラが県内で発生したことを想定した初の訓練を阿蘇市内で実施した。関係機関が連携し、実際に防疫服やマスクを着用して防疫手順を確認した。

 ウイルスを媒介するとみられているのは、主に野生イノシシだ。養豚場への侵入を防ぐための防護柵設置を巡…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです