メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民投票法改正案 憲法審開催見通せず 野党は慎重姿勢

 自民党は臨時国会で、憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案の成立を重視しているが、改正案を審議する衆院憲法審査会は定例日の17日、開催されなかった。立憲民主党など野党が審議に慎重なためで、安倍晋三首相の目指す憲法改正の論議は早速、停滞しそうな気配だ。【遠藤修平、東久保逸夫】

 衆院憲法審の新藤義孝・与党筆頭幹事(自民)は17日、山花郁夫・野党筆頭幹事(立憲)と会談し、憲法審の日程を決める幹事懇談会や審査会を来週に開くよう求めたが、山花氏は「持ち帰って協議する」と述べるにとどめた。

 憲法審の定例日は、衆院が木曜、参院が水曜でいずれも週1回と決まっている。来週以降、12月9日の閉会…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 夢は人工臓器開発 ベルギーの9歳、オランダ名門大卒業へ

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです