メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 即位パレード延期 皇室の歴史に詳しい所功・京都産業大学名誉教授の話

 台風の被害が大きく「祝賀御列の儀」は延期した方が良いと考えていた。昭和天皇は、大正12(1923)年秋に予定していた結婚を、同年9月に関東大震災が起きたため延期を希望し翌年に変更された。皇室には国民が大変な時にお祝いを受けることを遠慮したいとの思いが常にある。災害復旧の途上であり政府がパレードを延期としたのは妥当な判断だと思う。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです