メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本学生柔道体重別団体優勝大会 あす開幕 次世代狙う若手競う

 柔道の男子第21回、女子第11回全日本学生体重別団体優勝大会が19、20の両日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で開かれる。各階級1人ずつ、7人が対戦するトーナメント戦で、男子は全国9地区の53校、女子は6月の全日本学生優勝大会5人制の16強を含む20校が参加する。男子66キロ級の阿部一二三(日体大)や同81キロ級の藤原崇太郎(同)ら、来年開催される東京五輪の有力候補たちは出場しないが、今夏の世界選手権(東京)団体戦優勝メンバーの男子90キロ級・村尾三四郎(東海大)や、女子78キロ超級の児玉ひかる(同)ら若手の実力者が大学の威信を懸けてしのぎを削る。総合力が問われる団体戦。令和初の学生日本一の称号を得るのはどの大学か。【大東祐紀】

この記事は有料記事です。

残り2994文字(全文3314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです