政府、中東沖に自衛隊の独自派遣を検討 ホルムズ海峡には言及せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官
菅義偉官房長官

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、中東地域での航行の安全確保に向けて、自衛隊の艦船などを派遣する検討を始めると明らかにした。同日、首相官邸で開いた国家安全保障会議で方針を確認した。菅氏は「米国が提案する『海洋安全保障イニシアチブ』には参加せず、日本独自の取り組みを適切に行う」と表明。米国と緊張関…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

あわせて読みたい

注目の特集