連載

令和・即位の礼

憲政史上初となる退位に伴って皇位を継承した天皇陛下の即位儀式についてまとめました。

連載一覧

令和・即位の礼

英チャールズ皇太子、比ドゥテルテ大統領、王貞治氏…即位の礼、参列者を公表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は18日、天皇陛下が即位を宣言される22日の「即位礼正殿の儀」の参列予定者を発表した。海外からは174カ国と国連、欧州連合(EU)、パレスチナの首脳ら約400人が参列する。国内からは、17日午後5時時点で国会議員や知事ら1596人が参列予定。新元号「令和」の考案者の中西進・国際日本文化研究センター名誉教授や、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長らも含まれる。

 首脳級では中国から王岐山国家副主席、関係悪化中の韓国からナンバー2の李(イ)洛淵(ナギョン)首相が参列する。米国はペンス副大統領の派遣を検討していたが、ウクライナ疑惑対応で見送られ、チャオ運輸長官が参列する。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文669文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集