自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岸田文雄氏=2019年5月17日、飼手勇介撮影 拡大
岸田文雄氏=2019年5月17日、飼手勇介撮影

 自民党の岸田文雄政調会長は18日、台風19号の被害に対応する補正予算案について、1兆円を超す規模になるとの認識を示した。浸水被害があった川崎市高津区と東京都世田谷区の町工場などを視察後、記者団に述べた。

 2017年の九州北部豪雨のための17年度補正予算(災害復旧などに約1兆2500億円)が「参考になる」と指摘。「被災地の思いを考えると、1週間でも2週間でも先駆けて編成する努力はあっていい」とも述べ、来年1月召集の通常国会に政府が提出する補正予算案に関し、「年内早期に編成することを考えるべきだ」と語った。【飼手勇介】

あわせて読みたい

注目の特集