連載

令和・即位の礼

憲政史上初となる退位に伴って皇位を継承した天皇陛下の即位儀式についてまとめました。

連載一覧

令和・即位の礼

恩赦を閣議決定 22日の復権令施行とともに効力

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
天皇陛下の即位に伴う「即位礼正殿の儀」に合わせた政令恩赦の実施の閣議決定について記者団に発表する河井克行法相=国会内で2019年10月18日午前9時15分、川田雅浩撮影
天皇陛下の即位に伴う「即位礼正殿の儀」に合わせた政令恩赦の実施の閣議決定について記者団に発表する河井克行法相=国会内で2019年10月18日午前9時15分、川田雅浩撮影

 政府は18日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」(22日)に伴い実施する恩赦の政令と特別基準を閣議決定した。対象となる刑や罪を一律に定めて救済する政令恩赦は「復権」のみとし、罰金刑の執行(罰金の納付)から3年が経過した推計55万人を対象に、刑により制限された資格を回復させる。22日の復権令施行とともに効力が生じる。国家の慶弔事に伴う恩赦は1993年6月の天皇、皇后両陛下の「結婚の儀」以来、26年ぶり。戦後13回目となる。

 復権令は罪種を問わず、原則として2016年10月21日までに罰金を納付し、その後に禁錮以上の刑を受けていなければ適用される。8割超が道交法違反などの交通関連で、平成の恩赦で一律救済が批判を招いた公選法違反は約430人。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文728文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集