メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

恩赦を閣議決定 22日の復権令施行とともに効力

天皇陛下の即位に伴う「即位礼正殿の儀」に合わせた政令恩赦の実施の閣議決定について記者団に発表する河井克行法相=国会内で2019年10月18日午前9時15分、川田雅浩撮影

 政府は18日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」(22日)に伴い実施する恩赦の政令と特別基準を閣議決定した。対象となる刑や罪を一律に定めて救済する政令恩赦は「復権」のみとし、罰金刑の執行(罰金の納付)から3年が経過した推計55万人を対象に、刑により制限された資格を回復させる。22日の復権令施行とともに効力が生じる。国家の慶弔事に伴う恩赦は1993年6月の天皇、皇后両陛下の「結婚の儀」以来、26年ぶり。戦後13回目となる。

 復権令は罪種を問わず、原則として2016年10月21日までに罰金を納付し、その後に禁錮以上の刑を受…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです