メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

予算委野党質問流出 自民・国対委員長「極めて遺憾」 再発防止の考え

国会議事堂=東京都千代田区で2019年5月1日、川田雅浩撮影

 森裕子参院議員(国民民主党)が通告した参院予算委員会での質問が漏えいしたとの疑惑を巡り、立憲などの会派の安住淳国対委員長は18日、当面の対策として通告を簡略化すると自民党の森山裕国対委員長に伝えた。森山氏は「通告が漏れて質問の前に(国会議員が)批判にさらされるのは極めて遺憾だ。そういうことがないよう互いに合意できると思う」と応じ、与野党を超えて再発防止に乗り出す考えを示した。

 当時、予算委に参考人出席を求められた原英史・国家戦略特区ワーキンググループ(WG)座長代理に対し、…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです