メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改憲推進 自民幹部がアピール合戦 集会や新組織設置

 自民党和歌山県連などは18日、和歌山市で「憲法を考える県民集会」を開いた。安倍晋三首相がビデオメッセージを寄せ、県連会長を務める二階俊博幹事長は憲法改正議論の推進を訴えた。党幹部の間では、首相が宿願とする改憲議論の「旗振り役」のアピール合戦が始まっている。

 首相はメッセージで「幹事長が改憲議論の先頭に立つとの強い決意のもと、地元で集会を開いてもらったことに敬意を表する」と謝意を示した。会場には「自衛隊の明記 憲法改正」と書いたのぼり旗が並び、支援者ら約1600人が参加。二階氏はあいさつで「今後このような集会が全国で行われていくはずだ」と述べ、自分が先陣を切ったと強調した。

 二階氏はこれまで、表立った形で改憲に絡む姿勢は示さなかったが、今回は「1000人集会」と銘打ち、9…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです