特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

生理や妊娠、女性の悩みを解決 注目集める「フェムテック」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パステルカラーの商品などが並ぶフェムテック展示会=東京都渋谷区で2019年9月19日午後6時43分、竹内麻子撮影
パステルカラーの商品などが並ぶフェムテック展示会=東京都渋谷区で2019年9月19日午後6時43分、竹内麻子撮影

 女性(Female)と技術(Technology)を組み合わせた造語「フェムテック(Femtech)」が、ビジネスの世界などで注目を集めている。生理や妊娠などに関する女性の悩みを解決する商品やサービスを指す。欧米で先行したが、日本でも9月、国内初のフェムテック商品の展示会が開かれるなど、認知度が上がっている。【竹内麻子】

 フェムテックは、ドイツで排卵予測アプリを開発した女性が投資家にサービスの必要性を理解してもらうために2013年に発案したとされる。米国のリサーチ会社などによると、世界で14年に関連投資額が約200億円だった市場は、18年には約400億円に倍増。25年には5兆円規模になると予想されている。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1528文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集