メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電事連新会長に中部電力の勝野社長就任、企業倫理委を設置発表

就任の記者会見に臨む電気事業連合会の勝野哲会長(中央)ら=東京都千代田区の経団連会館で2019年10月18日午後2時、中津川甫撮影

[PR]

 大手電力会社でつくる電気事業連合会は18日、関西電力の金品受領問題で辞任した岩根茂樹前会長(関電社長)の後任に、中部電力の勝野哲社長を選出した。勝野氏は記者会見で、同日付で電力業界のコンプライアンス(法令順守)の改善を議論する「企業倫理等委員会」を設置したと発表した。

     勝野氏は会見で関電の問題について、「公益事業を担う電気事業者としては、今回の問題を大変重く受け止めている。社会の信頼を裏切る形となり、多大なるご迷惑をおかけしたことを改めておわびする」と陳謝した。

     この日は新会長を決めるための各社の社長会合が開かれたが、関電の岩根氏は欠席。代わりに森本孝副社長が一連の問題について報告した。勝野氏は今年6月に3年間務めた電事連の会長職を退任したばかりだが、異例の再登板となった。

     企業倫理等委員会は、電力業界としての信頼回復に取り組むために設置し、18日に第1回会合を開いた。月1回開催し、電力各社のコンプライアンス体制を点検。他業界の先進的な取り組みも参考にしながら、会社ごとの体制整備や行動指針の改善につなげる狙いだ。委員は各社の社長のほか、外部有識者も招く予定。勝野氏は「他業界や社外の専門的知見も踏まえ、行動規範を明確に示せるようにしたい」と述べた。【中津川甫、松本尚也】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

    5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです