メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ、クルド人勢力と一時停戦に合意 双方がツイートで呼び掛けつつけん制も

会談に臨むトルコのエルドアン大統領(左)とペンス米副大統領=アンカラで17日、ロイター

 トルコのエルドアン大統領は17日、アンカラでペンス米副大統領と会談し、トルコ軍がシリア北部でのクルド人勢力との戦闘を120時間(5日間)にわたって一時停止することで合意した。トルコは、シリア側国境沿いのユーフラテス川周辺からイラク国境までの約400キロにわたり、約30キロ幅の「安全地帯」を想定。合意では、トルコ側がテロ組織とみなすクルド人勢力に「安全地帯」の外まで120時間以内に撤退するよう求める。

 米国は5日間、トルコに対する追加制裁の発動を見送り、その後戦闘停止が恒久的なものになれば現在科している制裁を解除するという。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです