メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ、クルド人勢力と一時停戦に合意 双方がツイートで呼び掛けつつけん制も

会談に臨むトルコのエルドアン大統領(左)とペンス米副大統領=アンカラで17日、ロイター

 トルコのエルドアン大統領は17日、アンカラでペンス米副大統領と会談し、トルコ軍がシリア北部でのクルド人勢力との戦闘を120時間(5日間)にわたって一時停止することで合意した。トルコは、シリア側国境沿いのユーフラテス川周辺からイラク国境までの約400キロにわたり、約30キロ幅の「安全地帯」を想定。合意では、トルコ側がテロ組織とみなすクルド人勢力に「安全地帯」の外まで120時間以内に撤退するよう求める。

 米国は5日間、トルコに対する追加制裁の発動を見送り、その後戦闘停止が恒久的なものになれば現在科している制裁を解除するという。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです