メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ、クルド人勢力と停戦表明 IS監視などで課題山積

会談に臨むトルコのエルドアン大統領(左)とペンス米副大統領=アンカラで17日、ロイター

 トルコのエルドアン大統領が17日、シリア北部でのクルド人勢力との戦闘を120時間(5日間)にわたり停戦することを表明し、大規模な戦闘は当面回避される見通しとなった。トルコ軍はクルド人勢力に対し、トルコ国境から大幅に撤退するよう要求。だが早急な移動によって、従来クルド人が担っていた過激派組織「イスラム国」(IS)の監視といった治安維持に影響が出る可能性もあり、混乱の拡大も懸念されている。

 ISは17日、通信アプリ「テレグラム」を通じて声明を出し、「シリアのクルド人に拘束されていたイスラム教徒の女性たちを解放した」と宣言した。ISがかつて自らの「首都」と定めていた北部ラッカ近郊の治安部隊を襲撃し、「解放」に成功したという。人数やIS関係者かどうかは明らかにしていない。北部アインイーサでは13日にもIS戦闘員の家族ら約700人が逃走したと報じられており、ISの「拡散」が現実味を帯びて…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです