メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号の被災地、再び大雨に警戒を

気象庁

[PR]

 記録的な大雨となった台風19号の影響で甚大な被害が出た東日本では、18日夜から再び激しい雨が降る見込みだ。被災地では河川の堤防が損傷を受けたり、地盤が緩んでいたりする場所があり、気象庁は少ない雨量でも危険が高まる恐れがあるとして、河川の氾濫や土砂災害、浸水に警戒するよう呼び掛けている。台風19号は12日の上陸から19日で1週間となる。

 気象庁によると、前線や低気圧の影響で東日本と東北に暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になる見込み。18日から19日にかけて広い範囲で雨が降り、特に18日夜遅くから19日昼過ぎにかけては太平洋沿岸部を中心に大雨になる地域もあるとしている。

 19日にかけての予想総雨量は多いところで、東北の太平洋側と関東甲信で100~150ミリ。他の各地でも、伊豆諸島200~300ミリ▽東海100~200ミリ▽北陸50~100ミリ――となっている。

 気象庁は、河川の堤防が決壊するなどした宮城、福島、栃木、茨城の4県は当面、洪水警報・注意報の発表基準を引き下げ、より早い段階で警報や注意報を出す。沿岸部を中心に風も強まる見通しで、「被災地では復旧作業への影響に注意してほしい」としている。【川村咲平】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです