メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「虐待しそう…」 自らの経験から演じる「鬼子母」 創作の世界を現実の福祉に

「あまりに自分の子どもは敵であり、味方でありすぎるのです」。稽古(けいこ)で子どもへの愛から暴走する鬼子母を演じる関根淳子さん=東京都豊島区西巣鴨の西方寺で、梅村直承撮影

 仏教の伝説で、子ども可愛さから他人の子をさらって食べていたが、改心して子授けの神になった鬼子母神。その役を息子を虐待しそうになった体験を持つ女優が演じる一人芝居「鬼子母(きしも)の愛」が、福祉現場などで評判を呼んでいる。上演後は、わが子を何度も施設に預けた時の後ろめたさや悲しみを率直に語る。彼女のイメージする鬼子母とは――。

 岡本かの子(1889~1939年)の同名短編小説を戯曲化し、自ら主演するのは、静岡県舞台芸術センタ…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです