メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号で橋流出 JR鉄橋歩き命つなぐ 福島・矢祭町

集落と町中心部を結ぶ唯一の高地原橋(奥)が台風19号で増水した久慈川に崩落し、一部区間不通となっているJR水郡線の鉄橋を渡る夫婦=福島県矢祭町で、和田大典撮影

[PR]

 「とにかく水がなくて。台風の後、初めて風呂に入りに行きます」。17日朝、崩落した橋の100メートルほど上流にあるJR水郡線(常陸大宮―郡山駅間で不通)の鉄橋を松本勇一さん(75)と妻キミさん(73)が、時折足を止めながらゆっくりと進んでいた=写真。渡った先にある事業所で風呂を借り、5日ぶりの湯につかった。

 福島県矢祭町の高地原地区は台風19号の大雨で浸水することはなかったが、11世帯30人が暮らす集落へかかる唯一の高地原橋と水道管が、増水した久慈川により流された。

崩落した高地鉄橋

 集落で生まれ育った勇一さんは「避難先では寝られないし、泥棒も心配で家を空けることは考えられない。歩くと長い橋だけど、台風で家が浸水して大変な方々を思うと、これくらいは我慢しなきゃ」と話した。

 住民は水や食料などの買い物や通勤などの度に長さ約80メートルの鉄橋を渡らなくてはならないが、足腰が弱く集落を出られない高齢者もいるという。集落側に自分の車を止めて鉄橋を渡り、知人に借りた車で通勤する会社員、石井広美さん(50)は「88歳の母にはとてもじゃないけどここを渡らせられない。一日でも早く復旧してほしい」と話した。

 同町によると、本格的な橋の再建には3年はかかるという。車が通行できる仮設の橋の設置は最短でも半年かかり、まずは人が通れる橋の設置を急いでいる。水道管は応急的に鉄橋の上に通す方針だという。【和田大典】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです