メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

兵庫県警本部=神戸市中央区で2019年2月27日、米山淳撮影

 JR相生駅(兵庫県相生市)構内のトイレに実弾入りの拳銃と手錠を置き忘れたなどとして、兵庫県警は18日、県警鉄道警察隊の女性巡査長(27)を停職1カ月の懲戒処分にした。捜査関係者への取材で判明した。巡査長は同日に依願退職した。

 捜査関係者によると、巡査長は山陽新幹線での警戒活動を終えた9月29日午後…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです