京アニ・八田社長 事件後3カ月で初会見「本当に心が痛い」 11月3、4日に追悼式

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで社員ら36人が死亡した放火殺人事件で、同社の八田英明社長が18日、代理人の桶田大介弁護士と共に同市下京区で記者会見した。八田社長は事件直後に報道各社の取材に応じていたが、正式に記者会見するのは初めて。発生から3カ月に合わせて報道各社の要請に応じた。

 八田社長は「本当に心が痛い。ご遺族の気持ちを思うと、3カ月たっても、居ても立ってもいられない。3カ月間、遺族の立場に立って、ここまでやってきた。また、世界中から温かいメッセージをいただい…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

あわせて読みたい

注目の特集