メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥飼さん

(9)離婚、親の死…鳥にもらった生きる意志

 植草大吾さん(42) 会社員(埼玉県川越市)

 離婚して実家に戻って間もなく母のがんが発覚し、闘病の末に亡くなってしまいました。同じころ、飼っていた猫とウサギがいなくなったり亡くなったりして「本当に一人になってしまった」と落ち込んでいたんです。しかもちょうど仕事が激務になり、心身ともにボロボロの状態。毎日のように深夜まで酒を飲み歩く、すさんだ生活を送っていました。

 そんな私を見かねて、知り合いの山谷真由美さん=鳥飼さん第1回(今年5月17日公開)出演=が「愛ピヨ会」に誘ってくれたんですよ。彼女が代表を務める愛鳥家の集まりです。昨年2月、「都内のペットショップを巡る」という企画に参加し、その場で皆に勧められてシモフリインコ1羽を購入。2か月後にはさらにハゴロモインコ1羽をお迎えして「1人+2羽」の生活が始まりました。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです