特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島第1原発事故 詳しい経過など調査、5年ぶり再開 原子力規制委

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
廃炉作業中の東京電力福島第1原発の(右から)1~4号機=福島県で2019年8月1日午後0時26分、本社ヘリから北山夏帆撮影
廃炉作業中の東京電力福島第1原発の(右から)1~4号機=福島県で2019年8月1日午後0時26分、本社ヘリから北山夏帆撮影

 東京電力福島第1原発事故で、原子力規制委員会は18日、事故原因などを分析する検討会を約5年ぶりに再開させた。原子炉から放出された放射性物質の経路など事故の詳しい経過に加え、当時の運転員の訓練体制についても調べ、今後の安全規制に生かす。2021年3月に事故から10年になることを踏まえ、来年中にも報告書をまとめる。

 事故調査を巡っては、規制委は14年に「事故につながった電源喪失は、地震の揺れではなく津波による浸水が原因」とするなどの中間報告をまとめた。ただし、その時は放射能レベルが高くて現場の調査は制限され、東電の資料の分析が中心だった。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文607文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集