メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さらば「九龍城」 モチーフのゲーセンが11月に閉店 川崎

九龍城の中に迷い込んだかのような内装のアミューズメント施設「ウェアハウス川崎」=川崎市川崎区で2019年10月16日午後2時51分、国本愛撮影

 JR川崎駅(川崎市川崎区)近くにあり、香港の中国返還に伴って消失した巨大なスラム街「九龍(クーロン)城」をモチーフにした人気アミューズメント施設「ウェアハウス川崎 電脳九龍城砦(じょうさい)」が、11月17日に閉店する。「廃虚ゲーセン(ゲームセンター)」の愛称もある独特の内装でファンも多く、別れを惜しみ足を運ぶ人が後を絶たない。

 ウェアハウス川崎は、レンタルDVD店大手ゲオホールディングスの子会社「ゲオ」(名古屋市)が運営する大型ゲームセンターで、2005年12月にオープンした。5階建てビルにダーツやネットカフェなども備える。大人が遊べるスポットを目指し、18歳未満は立ち入り禁止だ。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. ORICON NEWS “リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです