メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

府中刑務所を出所してJR名古屋駅に到着した山口組ナンバー2、高山清司若頭(中央)=名古屋市中村区で2019年10月18日午前8時51分

 指定暴力団・山口組ナンバー2の高山清司若頭(72)の出所によって、暴力団の勢力図が塗り替わる可能性があると関係者は指摘する。

 三つの「山口組」が総本部・本部を置く兵庫県の県警幹部は「高山若頭は組織の立て直しを進めるはず。分裂した2団体から組員が山口組に戻ったり、逆に出て行ったりすることが予想される。影響は全国に波及する恐れもある」と警戒する。山口組系の元…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです