「身体拘束で死亡」遺族が病院提訴 「長期間で肺炎悪化」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
死亡した女性の写真を手に提訴理由を語る女性の長男(左)と長女=名古屋市中区で2019年10月18日午後1時51分、川瀬慎一朗撮影
死亡した女性の写真を手に提訴理由を語る女性の長男(左)と長女=名古屋市中区で2019年10月18日午後1時51分、川瀬慎一朗撮影

 入院中にベッドに拘束される「身体拘束」により病状が悪化し死亡したとして、愛知県長久手市の女性(当時91歳)の遺族が18日、入院先の「日進おりど病院」(同県日進市)を運営する医療法人「大医会」に、慰謝料など約4000万円の支払いを求める訴訟を名古屋地裁に起こした。

 訴状によると、肺炎で大学病院に入院していた女性は2017年7月7日、病状が回復したことから、リハビリのため日進おりど病院に転院。しかしリハ…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集