メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

那珂川が氾濫し、浸水したままの常磐道水戸北スマートインターチェンジ=2019年10月14日午後3時4分本社ヘリから

[PR]

 国土交通省関東地方整備局は18日、台風19号で茨城県常陸大宮市と那珂市の堤防3カ所が決壊した那珂川について、住民に河川の氾濫を知らせる「氾濫発生情報」を出していなかったことを明らかにした。赤羽一嘉国交相は「住民の避難行動に重要な情報が発表されなかったことを心からおわびする」と陳謝した。今後、情報が伝わらなかった詳しい経緯を調べるという。

 同整備局によると、13日午前1時半ごろ、常陸河川国道事務所(水戸市)に委託された巡視員から同事務所に「那珂川が越水したのではないか」との連絡があった。これを受けて現場に向かった同事務所職員が同4時45分ごろに氾濫を確認し、事務所に連絡したが、氾濫発生情報は出されなかった。

 同事務所は那珂川のほか、常陸大宮市の3カ所の堤防が決壊した久慈川も管轄。久慈川については、同5時20分に氾濫発生情報を出しており、同整備局は「久慈川の氾濫情報もあり、現場が混乱していた」と釈明した。赤羽国交相は「早急に事実関係を確認し、再発防止策を検討するよう指示した」と述べた。

 氾濫発生情報は、住民の避難行動の参考となるように河川管理者の国や都道府県が気象庁と共同で発表する「指定河川洪水予報」の一つで、5段階で最も警戒レベルが高い「5」に該当する。那珂川では支流も含めて氾濫し、広範囲で浸水被害が発生した。【松本惇】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです