メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働く高齢者の年金 保険料分翌年上乗せ 厚労省案 "実現に800億円"に曲折も

 厚生労働省は18日の社会保障審議会年金部会で、年金を受給しながら働き続け、厚生年金保険料を納めている65~70歳の高齢者について、納めた保険料に応じて翌年から年金額を上乗せする新たな仕組みの導入を提案した。従来は退職するか70歳に到達しないと、65歳以降に働いた分は年金額に反映されなかったが、翌年から上乗せすることで高齢期の就労を後押しする狙いだ。ただ、厚労省は、導入には年800億円の年金財政からの追加支出が必要と試算。実現には曲折も見込まれる。【横田愛】

 保険料を労使で折半する厚生年金は、65歳時点での加入期間や納付実績に応じて受給額が決まる。その後も…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです