メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京アニ・八田社長が会見「世界中、特に子供たちに発信したい」と決意

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、発生から3カ月を迎えた18日、同社の八田英明社長が市内で初めて記者会見し、「本当に心が痛い」と胸の内を明かした。国内外から約32億円の義援金やメッセージが寄せられたことに感謝し、「これからも世界中の人たち、特に子供たちに発信していきたい」と決意を述べた。

 八田社長は事件直後は取材を受けていたが、その後は弁護士に一任していた。今回は報道各社からの要請に応…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです