北陸新幹線再開、本数9割で 東京-金沢、25日再開 浸水車両「廃車の可能性ある」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
座席の座面まで浸水した北陸新幹線の車内=2019年10月15日撮影(JR東日本提供) 拡大
座席の座面まで浸水した北陸新幹線の車内=2019年10月15日撮影(JR東日本提供)

 JR東日本は18日、台風19号の影響で長野―上越妙高間で不通となっている北陸新幹線について、25日に東京―金沢間の直通運転を再開する見込みだと発表した。

拡大

 千曲川の氾濫の影響で長野新幹線車両センターが浸水、北陸新幹線で使用している30編成(各12両)のうち、10編成に被害が出ていた。再開後は残る20編成での運行となるが、北陸新幹線全線では約8割、東京―金沢間の直通列車は通常の約9割の運転本数を確保する。具体的なダイヤは23日に発表する。

冠水した長野新幹線車両センターの1階信号用電源室=2019年10月15日撮影(JR東日本提供) 拡大
冠水した長野新幹線車両センターの1階信号用電源室=2019年10月15日撮影(JR東日本提供)

 被害に遭った車両はいずれも、座席の座面上付近まで浸水し、2編成が脱線していた。床面下の電気系統などは機能しなくなる恐れがあり「廃車の可能性がある」という。

 同車両センターについては長野市がハザードマップで示した浸水想定区域にあることから防災・避難訓練はしていたものの、車両を避難させるマニュアルはなく、台風の進路から避難を計画するには至らないと判断していたことも明らかにした。「教訓を生かして、水害の恐れがある時の方策のルール化、改善を図っていきたい」としている。

 雨水の調整池を12日午後9時、13日午前0時に見回りをしたが、水位に変化はなく、同0時45分、長野市の避難指示(緊急)が出たため、社員など36人が建物の高い場所に避難したという。JR東は「車両の避難を決めた後、運転士の手配、避難させる場所を決めるなど実現まで時間がかかる。長野では決断から避難開始まで少なくとも7時間かかる」とした上で、「車両の避難は臨機応変にやらねばならず、マニュアルを作ってできるものではない」とも述べた。【平井桂月】

あわせて読みたい

注目の特集