メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池袋暴走 高齢ドライバー対策の契機に

池袋で暴走した乗用車に母子がはねられて死亡した事故で、実況見分をする警視庁の捜査員ら=東京都豊島区で2019年6月13日午前10時48分、佐々木順一撮影(画像の一部を加工しています)

 2019年4月19日、東京都豊島区東池袋の都道で、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(当時87歳)の運転する乗用車が暴走し、横断歩道を渡っていた松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)がはねられて死亡した。

 この事故は大きな注目を集め、警察庁などが新たに高齢ドライバー対策を進めるきっかけとなった。

 一方、これだけの事故を起こしながら、飯塚元院長が逮捕されなかったことに疑問の声が上がった。飯塚元院…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです