メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死者79人不明12人 決壊、7県71河川128カ所 台風19号、19日で1週間

[PR]

千曲川の堤防が決壊した現場で、完成した仮堤防の上に設置されるブルーシート=長野市穂保で2019年10月18日午後3時37分、小川昌宏撮影

 台風19号は12日の上陸から19日で1週間となる。堤防が決壊した河川は7県の71河川128カ所に上る。未復旧の堤防が多い中、東日本と東北では19日昼過ぎにかけて激しい雨が降る見込みで、気象庁は河川の氾濫や土砂災害に警戒を呼び掛けている。福島県いわき市などは18日に避難勧告を出した。

 国土交通省によると、国管理河川流域の浸水は最大約2万5000ヘクタールに上り、昨年7月の西日本豪雨の約1万8500ヘクタールを上回った。17日時点で、宮城県大郷町の吉田川流域を除き浸水はほぼ解消したという。堤防が決壊した国管理の7河川12カ所のうち千曲川や阿武隈川など7カ所は仮堤防が完成済みで、2カ所も18日に工事が終わる予定だ。残りも21日までに完成する。

 行方不明者の捜索が続く中、不明となっていた福島県郡山市の男児(10)の遺体が見つかった。毎日新聞の集計では、住宅の浸水や増水した川への転落、土砂崩れなどにより79人が死亡、12人が行方不明となっている。福島県いわき市では、東京消防庁のヘリコプターが救助活動中の女性(77)を誤って落下させ、死亡させる事故も起きている。

 各省庁によると、けが人は372人。土砂災害は20都県で247件発生した。被災住宅は4万5286棟で9割が床上・床下浸水だが、棟数はさらに膨らむ見通しだ。4092人(18日現在)がなお避難生活を送り、断水も12都県の約9万5000戸(同)で続いている。【松本惇】

台風19号による死者・行方不明者(都県別、人)

※18日午後10時現在

   死者 不明者

岩手  2   0

宮城  16   4

福島  29   1

茨城  2   1

栃木  4   0

群馬  4   0

埼玉  2   0

千葉  1   0

東京  1   0

神奈川 14   3

長野  3   2

静岡  1   1

計   79   12

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです