メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ボスニアで「赤一色」で暮らす女性、服や家もすべて真っ赤

 ボスニア・ヘルツェゴビナ北部に住むゾリカ・レベルニクさんは、これまでの人生の約40年間を、着る服から家に至るまで、赤に囲まれて過ごしてきた。写真はゾリカさんの自宅で16日撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[PR]

 [BREZE(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 17日 ロイター] - ボスニア・ヘルツェゴビナ北部トゥズラ近郊に住むゾリカ・レベルニクさん(67)は、これまでの人生の約40年間を、着る服から家に至るまで、赤に囲まれて過ごしてきた。墓石もインドから取り寄せた特別な赤い御影石を用意しており、亡くなった後でも赤に染まり続けるつもりだ。

 退職した教師のゾリカさんは、夫のゾランさんと赤い家に住み、赤い皿やグラスで食事し、赤いベッドで眠る。髪の毛も赤く染めている。

 ゾリカさんはロイターに対し「18歳か19歳のとき、突然赤い服を着たくなった」とコメント。緋色や朱色を身に着けると「力を得たように感じる」と話した。

 自身の結婚式では赤いドレスを着用した。葬式に出席するときも黒ではなく赤い服装を選ぶという。

 ゾリカさんは地元では有名人で、「皆わたしのことを知っている。わたしを見掛けると、いろんな赤色のものをくれる」と語った。赤色でなければ、どれだけ貴重なプレゼントでもお断りすると付け加えた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです