メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人1位は青森山田・堀田 原監督は2年連続2度クジ外しも「どうなるか分からないよ」(スポニチ)

2019ドラフト会議(2019年10月17日)

 巨人・原監督は全体を「95点」と評した。クジは2度外れたが、外れ外れ1位で青森山田の右腕・堀田を指名。「どうなるか分からないよ。奥川君も良い投手になるでしょう。しかし堀田君もいい投手になりますよ」。若手を積極起用し、1年目から大化けさせる可能性も秘めている。

 1メートル85の長身で最速151キロの大型本格派。甲子園未出場ながら、当初から1位候補に当たる「A評価」だった。「体も(菅野)智之ぐらいある。伸びやかで柔らかい。近々未来、巨人のエースになってくれる素材」と指揮官。同校でテレビを見つめた堀田は「将来は巨人を背負っていけるピッチャーになりたい」と目を輝かせた。

 最初に入札した星稜・奥川は3球団が競合。一番最後にクジを引き「とにかく福があれ、と」と胸中を振り返った。外れ1位の東芝・宮川は、西武・辻監督との一騎打ち。先攻で上の1枚を引き「自然の流れの中で上を引いたんですけど、残念でした」。2年連続で2度クジを外し、通算1勝10敗となった。

 奥川には球界の大先輩として「プロ野球の門を叩いて自分の夢を現実のものにしてほしい」とエール。有望な右投手が多いチーム事情をも凌駕(りょうが)した金の卵・堀田について「一歩一歩着実に成長させることを彼の前で誓いたい」と言った。 (神田 佑)(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです