メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

高速走行中が圧倒的に多い! パニック必至の「突然のタイヤのパンク」が起こる原因とは

情報提供:カートップ

高速走行中が圧倒的に多い! パニック必至の「突然のタイヤのパンク」が起こる原因とは

高速道路上で起こる確率は一般道の2倍

 クルマとタイヤが高性能になって、道路の舗装がきれいになっても、パンクが身近なトラブルであることには変わりがない。2018年度のJAFのロードサービス出動理由でも、パンクはバッテリー上がりに続く2番目に多い出動理由で、年間424,877件(18.6%)もパンクでJAFにお世話になっている……。

 詳しく見ると、パンクなどのクルマのタイヤトラブルには、大きな特徴があって、一般道よりも高速道路のほうが圧倒的に発生件数が多いことがわかっている。

タイヤがパンクする理由

 JAFによると、一般道路のタイヤトラブルは全体の約20%なのに対し、高速道路は約40%と2倍になっているとのこと。パンクの原因は、主に以下のとおり。

・釘など異物がタイヤに刺さる

・空気圧の不足

・タイヤの側面を縁石等にこすりつける

 このほかに、ホイールリムの変形、キズや、いたずらといったケースも稀にある。このうち高速道路では、異物が刺さってスローパンクチャーというのは少数派で、一気にバースト(破裂)してしまう場合が多いのが特徴になっている。

タイヤがパンクする理由

 個々の原因については、JAFでもデータを収集していないそうだが、バーストが多い理由については、空気圧の不足を疑っているとのこと。高速道路での高速連続走行はタイヤへの負荷が大きく、空気圧が低下しているとタイヤのたわみ(変形)が大きくなる。

 空気圧不足で、たわんだ状態が長く続くと、タイヤが発熱し、最後にはバーストしてしまうというわけだ。これがいわゆる「スタンディングウェーブ現象」で、バーストまでいたらなくても、タイヤのトレッド面が剥離(セパレーション)することも珍しくない。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 「漫画村」投稿役に猶予判決「悪質な犯行だが、被告はまだ若い」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです