メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 台風19号1週間 被災地、無情の雨

吉田川が氾濫して浸水し、1週間がたった今も水が引かない住宅地を見つめる男性。雨の影響で午前中は自宅に向かうのをやめた=宮城県大崎市の鹿島台地区で2019年10月19日、和田大典撮影

 東日本の各地に甚大な被害をもたらした台風19号による記録的な大雨から19日で1週間。被災地では朝から再び強い雨が降り、復旧作業を阻んだ。

 宮城県大崎市の鹿島台地区では、吉田川からあふれた水が今も引かないままだ。同地区では住民たちが木船やボートで自宅に向かい後片付けを続けてきたが、この日は雨のため取りやめる人もいた。

 「とにかく早くやらないと、臭いがひどくなって家の状況もどんどん悪くなってしまう」。浸水していない場…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです