メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 大子の女性死亡 「避難呼びかければ」 悔やむ近隣住民 /茨城

[PR]

 記録的な大雨をもたらした台風19号で、18日現在、県内では2人が死亡し、1人が行方不明となっている。大子町で亡くなった女性(91)は、久慈川の氾濫で浸水した自宅で倒れていた。1人暮らしで、逃げ遅れたとみられる。周辺住民は「避難を呼びかけていればよかった」と悔やむ。

     女性宅は病院や商店が建ち並ぶ町の中心部で、久慈川の目の前にある。久慈川と支流に挟まれ、本流と支流の合流地点にも近い。女性宅では17日、泥やゴミを有志の人たちが片付けていた。

     女性は台風が通過したあとの13日午前8時ごろ、自宅1階の台所で倒れているところを近隣住民に発見された。1階は165センチの高さまで浸水し、水死したとみられている。

     近隣住民によると、一帯では台風が接近した12日夜から住宅に水が入り始め、13日午前0時過ぎには住宅内で高さ1メートルを超えるほどだったという。

     13日未明に避難した男性は「自分の身を守ることで精いっぱいだった。もっと近所の人に気を配ればよかった」と悔やんだ。男性によると、亡くなった女性は普段1人で買い物に出かけていて、足腰に大きな問題はないと思っていたという。

     1人暮らしの別の高齢男性は、自宅が浸水し始めた12日夜に消防へ通報し救助されたという。女性について「誰かが助けを呼んでいればよかった」とつぶやいた。

     別の住民によると、女性は長年にわたって大子町の小中学校の教員を務めていたという。女性について「一度は自宅2階に避難したが、トイレのために1階へ下りて被害に遭ったのではないか」という証言も複数あった。【川島一輝】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

    2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

    3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

    4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです