メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ダークツーリズムガイド

旧内灘砲弾演習場 遺構が語る朝鮮戦争 /石川

米軍試射場の射撃指揮所跡=石川県内灘町で、阿部浩之撮影

 内灘町のビーチは今年の夏も多くの若者が訪れ、溢れんばかりの陽光の中で青春を楽しんだようである。学生たちが発信するSNSを見ると、レジャーの地として愛されていることがわかる。

 しかし、ここが67年前、朝鮮戦争のための砲弾演習場であったことを知る人は驚くほど少ない。1950年に開始された朝鮮戦争は、当初こそ北朝鮮が戦いを優位に進め、南側を追い詰めるのだが、アメリカ主力の国連軍による仁川上陸作戦以降、戦況が逆転し、現在の北緯38度線付近で戦線は膠着(こうちゃく)状態に陥った。

 近隣の紛争は日本に「特需」をもたらし、経済復興が成し遂げられることになる。つまり米軍にとっては、日本は朝鮮戦争遂行のための欠くべからざる拠点だったわけである。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです