メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吃音の知識深めて 体験発表など交流会 あす四日市 /三重

 22日の国際吃音(きつおん)啓発の日を前に、吃音への理解を深めるため、20日、「きつおん交流会」が四日市市総合会館(同市諏訪町)で開かれる。自助団体「三重言友会」の主催で、同会の活動紹介や体験発表などを行う。

 吃音は、話す際に同じ一音を繰り返したり、会話に詰まったりするなど言葉が思うように出ない症状。原因は不明で、対応する医療機関も少ない。

 同会役員の田中美紀さん(48)は「吃音には個人差がある。言葉が出ないのは気の持ち方だとか、性格の問…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  2. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  3. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  4. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  5. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです