メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なばりミュージアム完成 蛍選手の“輝き”一目で サッカーW杯、出場ユニホームやスパイクなど /三重

2014年のW杯ブラジル大会で山口蛍選手が履いたスパイク=名張市安部田の市郷土資料館で、衛藤達生撮影

 名張市安部田の市郷土資料館にプロサッカーの山口蛍選手ゆかりの品を集めた「なばりミュージアム」が完成した。小学生時代からのスパイクや日本代表として出場したワールドカップ(W杯)のユニホームなど約70点を展示。中にはさまざまな日本代表選手のサインが入ったユニホームやブラジル大会の各試合で履いたスパイクなど貴重な品々が並んでいる。【衛藤達生】

 同館は2015年4月に旧錦生小学校の校舎を活用して開館。ミュージアムは保健室だった部屋を県産材など…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです