メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上靖の絶版本「星と祭」復刊、あす発売 ゆかりの地、市民グループの手で 長浜 /滋賀

「星と祭」を復刊させた実行委メンバーら=長浜市木之本町大音で、若本和夫撮影

 絶版状態になっている作家、井上靖(1907~91年)の小説「星と祭」を再び世に出そうと活動を続けてきた、長浜市の市民グループ「『星と祭』復刊プロジェクト実行委員会」が復刊本を完成させた。当初は500部が目標だったが、約600部の予約申し込みが寄せられ、20日に地元の出版社「能美舎」(同市木之本町大音)から発売される。実行委代表で古書店「六夢堂」(同市宮前町)店主の明定(みょうじょう)義人さん(66)は「予想外に大きな反響があり、本当に感謝している」と話す。【若本和夫】

 「星と祭」は、琵琶湖での水難事故で17歳の娘を亡くした会社経営者が、湖北地域などに残る十一面観音像…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです