メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレミアム付き商品券2冊亡失 下関市安岡支所職員ダブルチェック怠る /山口

 下関市は18日、消費増税の負担軽減措置として販売しているプレミアム付き商品券について、同市安岡支所での販売分のうち2冊(1万円相当)の行方がわからなくなったと発表した。

 市産業振興課などによると、16日午後0時半ごろ、同支所に高齢の女性2人が商品券を5冊ずつ購入したいと同時に窓口を訪れ、女性職員が対応した。しかし午後1時になって別の職員が冊数を確認したところ、2冊足りなかったという。本来は商品券を保管場所の缶箱…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです