メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位の礼参列、海外174カ国に 政府公表

 政府は18日、天皇陛下が即位を宣言される22日の「即位礼正殿の儀」の参列予定者を発表した。海外からは174カ国と国連、欧州連合(EU)、パレスチナの首脳ら約400人が参列する。国内からは、17日午後5時時点で国会議員や知事ら1596人が参列予定。新元号「令和」の考案者の中西進・国際日本文化研究センター名誉教授や、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長らも含まれる。

 首脳級では中国から王岐山国家副主席、関係悪化中の韓国からナンバー2の李(イ)洛淵(ナギョン)首相が参列する。米国はペンス副大統領の派遣を検討していたが、ウクライナ疑惑対応で見送られ、チャオ運輸長官が参列する。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです