メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

残念なノーベル賞?=青野由利

 <do-ki>

 「今年のノーベル賞で科学分野の女性受賞者はたった1人」。米国のニュース記事がそう書いているのを見て、ん?と思った。

 今年は医学生理学賞の3人も、物理学賞の3人も、吉野彰さんの受賞が決まった化学賞の3人も、全員男性のはず。その点では「残念な年」と思っていたからだ。

 記事を読み進めてわかったのは経済学賞も科学分野にカウントしていること。受賞者の1人はエステール・デュフロさんで、米国のフランス人女性経済学者だった。世界の貧困問題の解決にとって何が重要か、共同受賞者である夫とともに貧困の現場で実証実験を進めてきた。確かに科学の領域だし、女性の視点も欠かせない分野だ。

 とはいえ、女性が1人はいたとほっとするわけにはいかない。50年前に始まった経済学賞の女性受賞者は1…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです