メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

南太平洋の島国、なぜラグビー盛ん? 英植民地支配きっかけ 宣教師による普及も=回答・村上正

試合前儀式「シバ・タウ」を披露するサモア代表選手=福島県いわき市で2019年9月

 なるほドリ ラグビー・ワールドカップ(W杯)はついに決勝トーナメントが始まるね。敗退(はいたい)はしたけれど、サモアやトンガ、フィジーなど南太平洋の島国も強かったね。

 記者 いずれも1900年代前半に各国で競技団体が発足し、ラグビーが人気です。A組で日本と対戦したサモアは国土が鳥取県よりやや小さく、人口は20万人ですがW杯第2回大会から8大会連続出場の強豪(きょうごう)です。人口89万人のフィジーは6大会連続8回目で、2016年リオデジャネイロ五輪7人制ラグビー男子で金メダルに輝きました。フィジー初の五輪メダルでした。人口10万人のトンガもW杯7大会連続8回目を誇ります。

 Q でも、なぜそんな南太平洋の小さな島国で競技が盛んなの?

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです