メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

評伝を書く=保阪正康

他者を通して自身語る作業

 昭和史を探査することを自らに課し、さまざまな手法でその内実を調べてきた。手法と書いたが、その中には評伝という形式で、日本の指導者とその人物が生きた時代を確かめるという方法がある。私は、ある人物を取り上げて、その人に指導された時代とはどのようなものだったかを分析することに極めて興味があった。

 評伝とはいうものの、実際には、他者を語りながら、その実、自分自身を語っているのだなと実感することが…

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです