メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

評伝を書く=保阪正康

他者を通して自身語る作業

 昭和史を探査することを自らに課し、さまざまな手法でその内実を調べてきた。手法と書いたが、その中には評伝という形式で、日本の指導者とその人物が生きた時代を確かめるという方法がある。私は、ある人物を取り上げて、その人に指導された時代とはどのようなものだったかを分析することに極めて興味があった。

 評伝とはいうものの、実際には、他者を語りながら、その実、自分自身を語っているのだなと実感することが…

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  2. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです